カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

手ぬぐい 月夜桃に燕

日本で古くから使われている日用品のひとつ、手ぬぐい。
この木綿でできた薄手の布は、赤ちゃんから大人まで、
色々なところで使われてきています。

<<手ぬぐいの使用例>>
・赤ちゃんの沐浴布として
・食卓のランチョンマットとして
・手ぬぐいにカイロを巻いて首巻きとして
・2枚あわせて暖簾として
・キーボードの埃よけとして
・外国の方へのおみやげとして …など

もちろん、本来の顔や手を拭ったり、体を洗ったりという
用途もありますし、包んだり、被ったり何でもあり。
綿布なので肌触りもよく、薄手なので乾きも早いと
1枚で何役もこなす使い勝手のよい布です。


この「月夜桃に燕」は、
浮世絵師・歌川広重の画写“広重花鳥大短冊撰 月夜桃に燕”の手拭いです。
多色刷りの錦絵を忠実に再現。タペストリーとしてもご利用いただけます。

日本の代表的な夏鳥の燕は、好んで民家に巣をつくるため、昔から人々に親しまれてきた鳥ですね。

この手拭いは「細川染め」という注染の工程で二枚以上の型紙を使って染める技法を使っています。
ひと型ごとに洗いから乾燥までを行うため、柄のはめ込みや色の調整など、高度な技術が必要な染め技法です。
江戸時代に九州の細川家が諸事に慎重なのにちなみ,2度繰り返すところから名付けられたといわれています。
そしてこの柄をデザインしたのが、日本橋の老舗「戸田屋商店」さんです。


戸田屋商店
明治5年(1872年)創業、130年以上の老舗の手ぬぐい製造卸問屋さんです。
梨園染の名称で江戸の粋を製品にしています。
梨園染の手ぬぐいは、伝統工芸の〔注染〕という技法を用い
「伝統的な職人技」と「日本のいま」を染め上げた、こだわりの手ぬぐいです。

デザインにこだわり、手作りにこだわり、生地にこだわる。
日本に古くから伝わる手ぬぐいの良さを今に広めています。
戸田屋商店さんの手ぬぐいへのこだわり

手ぬぐい 月夜桃に燕

価格:

1,980円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

●素材:綿100%
●寸法:約37cm×90cm
●洗濯方法:手洗い
●日本製
※伝統工芸〔注染〕のため、お使い始めに汗や摩擦で色が移る場合が
ございますのでご注意ください。お洗濯の際は単独で、たっぷりの水で
手洗いしてください。浸け置きはお避けください。

伝統工芸〔注染〕手ぬぐいができるまで





手ぬぐいのこんな使い方…


テーブルの上に敷いてランチョンマットにしてみたり、
両端を結んでティッシュカバーにしてみたり、沐浴布にしてみたり…
他にもいろいろお試しください!


手ぬぐい 月夜桃に燕

価格:

1,980円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

★関連商品★ こちらもオススメです  ~5,250円以上で送料無料~

商品を見る

手ぬぐい甚平 並び千鳥

4,730円(税込)
暑い夏を涼しく過ごす。汗かきっ子にオススメの『手ぬぐい甚平』です。
綿布なので肌触りもよく、薄手なので乾きも早いと使い勝手バツグン!
老舗がつくる安心安全の日本製です。青と黄色の並び千鳥柄。

ページトップへ